• ホーム
  • ED治療薬を服用してはいけない病気とは

ED治療薬を服用してはいけない病気とは

EDで悩んでいる方は今とても多いと言われています。
生活習慣が荒れていたり、食生活、睡眠不足、ストレス、またパートナーとの関係によっても起こりますし、一度上手くいかなかった時のプレッシャーによって、特定の相手とだけなってしまうということもあります。
そこでその対策として使われているのがED治療薬です。
医師の診察を受けて処方してもらうことができるED治療薬ですが、最近では個人輸入として取り寄せて使うこともできるようになっています。
個人輸入といっても、一般的な通販のような手続ですので簡単に申し込みができます。
ただし薬のお値段は高かったり、さらに安心できる会社からでないと、混ぜ物が入ってたり、純度があまり高くない場合もありますので要注意です。
ちなみに、医師の診察を受けずに使う場合には、自己責任で使うということになります。
日本ではドラッグストアなどでは購入することができないED治療薬ですので、医師の診察を受けて処方してもらうか、個人輸入などで手に入れるという方法になります。
ED治療薬を飲む事で、勃起不全だった方の多くは改善することができます。
即効性があるものもありますし、持続性が長いもの、それぞれメーカーによっても特徴が異なりますので、ニーズに合わせて利用していくことができます。
薬事法の関係で日本では医師の処方箋がないと基本的には処方沿てもらうことができないものですが、医薬品という位置づけのED治療薬ではなく、サプリメント的なものにも有効成分が配合されていて効果が感じられるものもあります。
口コミであったり、体験談なども参考にして、自分にあったものを選択していきましょう。
しかし、やはり医師の診察を受けて処方をしてもらう方が安心です。
場合によってはED治療薬を服用してはいけないという場合もありますし、病気を進行させてしまったり悪化させてしまうといったリスクが出てしまうこともありますので要注意です。

低血圧や高血圧でも場合によっては服用できない

ED治療薬の種類は色々とあり、医薬品という位置づけになるED治療薬に関しては、医師の診察を受けた上で処方をしてもらうことになります。
ちなみに、医師の診察を受ける際に、肝機能障害、脳梗塞の方は服用が出来ないという注意をされます。
肝機能障害や脳梗塞の場合には、悪化させてしまうリスクがあるためです。
今までそういった病気になったことがある方、また検診などで引っかかったことがある方はその旨をきちんと医師に伝えましょう。
さらに、ED治療薬は血流に大きく影響する薬ですので、低血圧、高血圧の方も場合によっては服用することができない場合があります。
肝機能障害や脳梗塞など、比較的重たい症状の病気等については細心の注意を払って使われる方も多いのですが、低血圧、高血圧などの場合には、特に個人輸入で手に入れて使うという場合には、自己判断になりますので要注意です。
その他にも、硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)を投与中の方、心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる方、網膜色質変性症(進行性の夜盲症)と診断された方、塩酸アミオダロン(経口剤)を投与中の方にも医師の診察の際にチェック項目があるクリニックもあります。
医師の診察を受ければこういった項目がきちんとチェックされて、そこに引っかからなければ安心して使うことができますが、副作用なども出てしまうことがありますので、やはり最初に使う際には医師に相談する方が安心です。
また、クリニックによっては、既婚者ではない未成年には処方してもらえないところもありますので、電話で確認をしてから診察を受けると良いでしょう。

関連記事