• ホーム
  • 早漏で悩んでいるなら治療薬のプリリジーを試す

早漏で悩んでいるなら治療薬のプリリジーを試す

早漏は我々日本人にとっても身近でポピュラーな悩みと言えます。
若い人から中年以降の男性まで、多くの人がそれぞれの年齢によって悩みを抱えているのは珍しいことではありません。
早漏にも色々と程度があり、症状が軽度の人から射精までの時間が極端に短い人まで様々です。
早漏を改善する方法にもいろいろあります。カウンセリングによる方法や外科的治療、内科的治療等アプローチの選択肢は多いです。
これらを単独で試したり、組み合わせて治療にあたることもあります。それらの中でも手軽に取り込める方法として、治療薬のプリリジーを試すという方法があります。
プリリジーは海外で早漏症の治療薬として唯一認可を受けている薬です。
世界初の飲む早漏症治療薬として世界中から多くの注目を集めるに至っています。
大規模な臨床治験により、その効果のほどが広く認められ、世界の60カ国以上で認可されるなど、安全性も担保されています。
スウェーデン、フィンランド、スペイン、オーストリア、ドイツ、イタリア、シンガポールなどの各国の他、お隣の韓国でも販売されており、その数は世界で30カ国程度です。
プリリジーは膣内挿入後、性行為を休まず続けた場合の射精までの時間を延ばすことができるとされています。その有効率は70%と高く、多くの人を早漏症の悩みから救っているのが現状です。
30ミリグラムと60ミリグラムのものがありますが、60ミリグラムを服用して効果が認められた場合には、射精までの時間がおおよそ3倍にも延びます。驚異的な効果です。
プリリジーは短時間作用の治療薬です。持続時間は6時間程度と長くはありません。
24時間後には95%が体外に排出されます。
性行為の1時間程度前に服用すれば、効果が得られるので、手軽に使えるのもプリリジーの特徴です。
食前、食後などのタイミングにあまり気を使わなくて良いことも特徴的で、これも多くの男性に親しまれている理由の一つです。

EDより深刻ではない?早漏でも問題ないという女性も

早漏症と同じく男性を悩ませる問題としてEDがありますが、EDに比べると、早漏はまだ軽い症状と言うことができます。
女性側からしても、たいした問題ではないと楽観視している人が多いです。
EDの場合、性行為そのものができなかったり、できたとしても難しかったり、中折れの問題もあります。
お互いに気まずい思いをすることも多くなってしまいますが、早漏症の場合は、性行為そのものは楽しむことができるという点において、EDよりは深刻ではありません。
ただ、女性を満足させる事を男性としてのプライドと捉える人は多く、早漏症の症状をやはり重く受け止める人は多くなりがちです。
遅漏の人を羨ましく思う気持ちはあっても不思議ではありません。
性行為において、女性を真の満足に導くためには、やはり射精があまり早すぎると難しいと言わざるを得ません。
簡単に取り組める方法があるとすれば、試してみる価値はあります。
そういった意味で、プリリジーは早漏症に悩む男性にとって強い味方です。
遅漏とまではいかないまでも、挿入から射精までの時間が3倍になるとすれば、それは大きな喜びになり得ます。
早漏症が改善することで、自信を取り戻す男性は多いです。セックスが強くないという悩みは、友人関係などで顕在化する事は少ないと言えます。
ただ、最も大切なパートナーを満足させられていないのではないかと思ってしまい、悩みは大きくなりがちです。
それが飲み薬で改善でき、自信やプライドを取り戻させてくれるなら頼もしい限りです。
プリリジーは早漏症を根治させる薬ではありません。しかし、性行為の前に服用すれば射精までの時間を長くする効果が期待できます。男性にとっては強い味方になり得ます。

関連記事