• ホーム
  • バリフはレビトラのジェネリック医薬品

バリフはレビトラのジェネリック医薬品

バリフは勃起不全の治療薬であるレビトラのジェネリック医薬品です。
1錠あたりの価格が約200円と安価なため日本でも人気があります。
レビトラは日本の製薬会社が開発したものなので、日本国内では特許が守られているのでジェネリック医薬品を製造するのは困難です。
海外では一部の特許が認められていない国もあり、ジェネリック医薬品が製造・販売されています。
バリフはインドの製薬会社が製造したレビトラのジェネリック医薬品です。
レビトラには有効成分のバルデナフィルが含まれており、服用するとペニスの血流量を増大させ勃起不全を改善します。
バリフにもレビトラと同様にバルデナフィルが含まれており、安い価格で同じ効果を期待できます。
安価に勃起不全の治療ができるので、日本でも人気でしたが現在では生産中止となっています。
生産は中止されましたが販売は継続中です。
バリフの生産が中止された理由は、本家のレビトラを開発した日本の製薬会社がインドで訴訟を起こしたことにあります。
インドではバルデナフィルの特許が認められていなかったため、ジェネリック医薬品を自由に製造・販売できました。
しかし日本の製薬会社が訴訟を起こしたところ、2017年の1月に高等裁判所が生産中止という判決を下しています。
現在でも医薬品の個人輸入代行サイトを通してバリフを購入することは可能です。
その理由はこれまで製造されてきたバリフの在庫が残っていることにあります。
インドの高等裁判所はバルデナフィルを含む製品の生産中止を決定しましたが、日本の製薬会社による販売中止の要求は退けています。
そのため残っている在庫が日本など海外へ輸出・販売されています。
バリフには錠剤タイプの他にゼリータイプのものが存在します。ゼリータイプは果物の味が付いているので、錠剤が苦手な人でも服用しやすいというメリットがあります。
今後在庫がなくなれば販売が中止になりますが、2017年11月の段階では個人輸入代行サイトを通して購入できます。

バリフを使いながら精力アップに効果的な食事もとる

精力アップに効果のある栄養素には様々なものがあります。亜鉛は精子や精液を作る上で重要な栄養素で、男性ホルモンの働きを正常化する効果も期待できます。
亜鉛が不足すると性欲が衰え疲れやすくなり、うつ症状が出る場合もあります。
タウリンは亜鉛の消費を抑えるので、精力アップに欠かせない栄養素です。
血液の流れを良くする効果もあり、ペニスの血流量も改善します。
亜鉛は牡蠣や煮干しスルメなどの魚介類の他に、肉類やアーモンド、卵黄、胡麻などに含まれています。
タウリンはタコやイカ、牡蠣、カツオ、サンマなどの魚介類に多く含まれます。
アルギニンは多くの精力剤の成分としても利用されています。
血管を拡張してペニスへの血流量を増やすだけでなく、精液自体の成分でもあります。
アルギニンは胡麻や大豆の他にマグロやカツオなどの魚介類、豚肉や牛肉などの肉類に含まれています。
勃起不全の改善に役立つ食材には様々なものが存在します。バリフを服用しながら精力アップに効果的な食事を摂取すればより効果的です。
ただしグレープフルーツなどフラノクマリン酸を含む食材は、避ける必要があります。
フラノクマリン酸には薬の吸収を高める効果があるので、副作用が強くなる可能性が存在します。
バリフの副作用には軽度の頭痛、めまい、動悸、吐き気、鼻詰まりなどがあります。
副作用はバルデナフィルの血流促進効果によって発症します。フラノクマリン酸を含む食材を摂取すると、副作用が強まるので注意が必要です。
副作用が強くなるフラノクマリン酸を含む食材には、グレープフルーツの他にバンペイユやライム、ザクロなどがあります。
バリフを摂取する際にはフラノクマリン酸を含む食材かどうかを確認する必要があります。

関連記事